リコールが出来ない自動車について

2013年9月19日 / 未分類

自動車のリコールは確か問題があればすることが出来るでしょう。しかし、その問題となる自動車が販売された段階と変わらない場合に限ります。

 
リコールとされている自動車は確かにリコールで無料に修理をすることが出来るでしょう。しかし、それが例外的に出来ない場合があります。それが、リコールする自動車が改造されている場合でしょう。どのような改造にもよりますが、自動車の中身が変わるような改造をしている場合、リコール対象からはずされる場合があります。なにせ改造されていると元と異なりますので、そのような状態でリコールは出来ません。だから、これはリコール対象外となります。

 

また、リコールされる前に修理をしてしまった場合も同じくリコール対象とならないことがありますので注意してください。だから、リコールをする場合は元の状態でないといけません。ただ、改造と修理をされていたとしても原型が残っている、特にリコールしないといけない部分がある場合はできることがあるでしょう。しかし、あくまでも改造、修理をされているので対象外になることが多いですね。

 
このようにリコールすることが出来る自動車でも、リコールできない自動車になっているとリコールが出来ないので注意しましょう。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る