リコールのやり方

2013年9月19日 / 未分類

自動車が安全上、公害防止上で問題がある場合、それが製造元の原因がある場合にリコールをすることができます。そのリコールのやり方を説明します。

 
リコールをする場合は、必ず不具合がどのようなものかを確認する必要があるでしょう。その際に走行上問題無い場合はリコールをすることができません。しかし、安全上や公害的に問題がある場合、特にそれが設計または製造段階の家庭である場合はリコール届けを出すことが出来ます。もちろん、その時に正確な確認をしないといけませんので、確認が出来るところを探すようにしてくださいね。

 

リコールを頼むところは、その製造元ではなく国土交通省に届けを出すようにしてください。その際に自動車が回収されていくので注意しましょう。そして、修理されて戻ってくるはずです。ただし、極稀にですが修理されても不具合が出てくることがありますので、リコールをしたから完全に安心ということにしないようにしてください。下手をするといきなり自動車が動かない状態になるかもしれません。まあ、そのようなことは無いと思いますがね。

 
このように自動車のリコールをすることが出来るでしょう。正しくリコールをして完璧な自動車を獲得するようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る