改善対策について

2013年9月19日 / 未分類

リコールのやり方で改善対策のリコールがあります。これをすることで、どうしても放置できない不具合を修理することが出来るかもしれません。

 
改善対策は、構造、装置、性能が基準よりも下にならない状態でも、安全面、公害面でどうしても放置は出来ないような不具合が見つかった時に使用することが出来るリコールです。これらも原因が設計段階や製造段階で発生した場合には、国土交通省に届けを出して無料で周知をすることができます。通常のリコールと違うのは、あくまでも通常の性能などは出ているでしょう。

 

しかし、放置できない不具合がある場合に改善対策をすることが出来ますね。まあ、普通のリコールと少しだけ違うだけなので、一緒に考えても良いかもしれません。ただ、このようなリコールのやり方もあることを忘れないようにしてください。特に、性能上が問題なくてもその他に問題がある場合はリコールをしてもらうようにしましょうね。下手に放置していると大変なことになるでしょうね。

 
このように改善対策のリコールがあります。どうしても放置できない不具合を見つけることが出来た場合、リコールをすることが出来るでしょう。ただし、明らかに製造元が悪い場合に限るので注意してくださいね。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る