必ずしもリコールされるとは限らない

2013年9月19日 / 未分類

リコールは、必ず製造元が原因でないといけません。それ故に、必ずしもリコールが成立するとは限りませんので注意してください。

 
リコールをする際に、その自動車の不具合が製造段階や設計段階で問題を出していないとリコールをすることが出来ません。だから、それらの段階で問題が出ていない場合は、リコール申請をしてもリコールが通らない場合がありますので注意してください。特に、性能上問題無い場合などは、そうとう危険な不具合が他にないとダメな場合があるでしょう。ちなみに、かなり極稀にですが、製造元がその不具合を認めないという状態がありますので注意してください。

 
リコールを認めさせるためには、やはり専門の人にみてもらうのが良いです。どうやっても素人では本当にリコールであるか判断することが出来ません。だから、自動車の専門の人にみてもらうのが良いでしょう。もちろん、それで問題が無いならリコールをすることは諦めると良いかもしれません。しかし、案外相談すると良いことが出てくるかもしれませんので、相談をしてみると良いでしょう。

 
このように必ずしもリコールが成立するとは限りません。もちろん、完全なる不具合で製造元に原因があるならリコールをすることが出来るでしょう。しかし、それすらしてくれないことがためにありますので注意してくださいね。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る